中部北陸自然歩道紀行
自然歩道区間 上松宿〜木曽の桟〜福島本陣跡〜城山〜興禅寺〜福島関所〜木曽福島駅
<上松と福島の宿場内などで中山道と重複>
 上松のスタート地点へ着く前に、前回パスした小野の滝と寝覚の床へ立ち寄ることにした。(小野の滝はR19沿いに見られ、寝覚の床は専用駐車場から往復して見学)
 中部北陸自然歩道のルートは、上松町の十王橋から木曽川を渡って右岸の道を進むようだがその先は不明である。
 環境省の資料(※)では木曽の桟を通過するので、ここで左岸の移り中山道に沿って進むものと考えられる。
 木曽福島地内では、標高差が300m程あるが戦国時代の有力武将木曽氏の福島城址にも登ることにした。
 ※参考(環境省) F9<義仲と関所越えのみち> 「 薮原宿 〜 徳音寺 〜 輿禅寺 〜 福島関所 〜 木曽の桟 〜 上松宿
1 日  時 2016/5/15(日)
2 区  間 寝覚の床往復…上松P〜福島本陣跡〜城山〜福島関所〜木曽福島駅…上松駅・P
3 歩行距離 寝覚の床P<往復1.4km>寝覚の床…上松P<0.8+0.2km>上松宿(十王橋)<1.3km>R19陸橋<1.7+0.3km>木曽の桟<2.3+0.2km>元橋<2.9km>木曽福島駅<1.2+0.2km>代官屋敷前<城址往復3.5km>代官屋敷前<0.7km>興禅寺(木曽義仲墓)<0.5km>関所<1.5km>木曽福島駅…上松駅<0.2km>P   18.9km
4 所要時間 寝覚の床P7:20-36寝覚の床-51P…上松P8:05-8:31十王橋-9:03R19陸橋-9:34木曽の桟47-10:38元橋-11:40木曽福島駅/昼食12:00-12:26本陣跡-12:36代官屋敷前-13:35城址-14:15代官屋敷前-14:38義仲墓-14:49関所-15:20木曽福島駅…15:55上松駅-16:00P 8時間40分
(内交通機関利用 49分
5 交  通 車・JR
(往)瀬戸市5:05〜7:15小野の滝〜7:20寝覚の床P〜8:02上松P  (乗継)木曽福島15:48〜15:55上松  (復)P16:02〜19:52瀬戸市
6 駐 車 地 寝覚の床町営駐車場(無料)、上松町営駐車場(有料)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平28情複、第312号
この地図を更に複製する場合は国土地理院長の承認が必要である。
スライドショー@(PC) <木曽の桟> (スマホ)  スライドショーA(PC) <福島宿> (スマホ)
7 メ  モ ・朝方雨がパラついたが日中は晴れて暑いほど。まずまずのウォーキング日和だった。
・駐車地から中山道に入ったがすぐに自然歩道の分岐に出合い、平行してコースが設定されていることが分かった。
・十王橋〜木曽の桟の中山道が、工事による迂回として木曽川右岸路が指定されていた。(木曽観光連盟「歴史と浪漫・中山道を歩く」では通常も右岸路を推奨しているが、自然歩道とは異なるルートである)
・木曽の桟から木曽福島にかけては中山道を歩いたが、一部の区間では自然歩道は平行するR19や県道がコースになっていた。
・自然歩道の道標は、独自のコース場合は比較的良く整備されているが、中山道と重なる区間になると道標の数が減って分かり難くなる。
・公衆トイレは、上松宿本陣跡・木曽の桟・城山紅葉ヶ丘・福島地区内の数か所に設置されていた。
ホーム 中部北陸自然歩道 中部北陸自然歩道