中部北陸自然歩道紀行
自然歩道区間  落合〜新茶屋〜馬籠〜馬籠峠〜大妻籠〜妻籠〜南木曾駅
<全て中山道と重複>
 馬籠峠から先の長野県内のコースについては、通過地点を記した環境省の資料(※)しかなく詳しいコースマップが示されていない。
 中津川市内では、中部北陸自然歩道が中山道と平行する区間もあった。中山道と重ならない区間も予想されるので、歩きながら先々で案内板の地図やパンフレットを確認していくことにした。
 スタート地点の落合には観光用駐車場やコインパーキングが無い。中津川市落合事務所に事前確認したところ閉庁日なら駐車可能ということで借用することにした。 
 ※参考(岐阜県) 中津川市 <中山道落合の石畳を訪ねる道 「中津川駅〜旭ヶ丘公園〜落合宿〜医王寺〜十曲峠〜木曽路の碑」>
      (環境省) 長野F12 <藤村をしのぶ文学と歴史のみち 「JR南木曽駅〜妻籠宿〜馬籠峠〜馬籠宿〜新茶屋」>
1 日  時 2016/4/16(土)
2 区  間 落合P〜馬籠〜妻籠〜南木曾駅…落合川駅〜P
3 歩行距離 P<0.3km>落合宿本陣<2.7km>新茶屋<2.4km>藤村記念館<2.7+0.2km>馬籠峠<2.5+0.5km>雄滝雌滝<3.0+0.7km>妻籠本陣<3.7+1.0km>南木曾駅…落合川駅<1.9km>〜P 21.6km
4 所要時間 P7:32-7:40落合宿本陣-8:13医王寺-8:46新茶屋-9:43清水資料館59-10:02藤村記念館-10:21見晴台-11:00峠休憩所/昼食23-11:41馬籠峠-11:57一石栃立場跡-12:27雄滝雌滝42-13:02大妻籠13:16-13:56妻籠本陣14:21-14:54妻籠城址15:11-15:37かぶと観音-16:03南木曾駅…16:53落合川駅-17:24P 9時間52分
(内公共交通機関利用 50分
5 交  通 車・JR
(往)瀬戸市6:00〜7:29P  (乗継)南木曾駅16:39〜16:53落合川駅  (復)P17:26〜18:30瀬戸市
6 駐 車 地 中津川市落合事務所駐車場(閉庁日可、要確認)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平28情複、第312号
この地図を更に複製する場合は国土地理院長の承認が必要である。
スライドショー@(PC) <新茶屋展望所> (スマホ) スライドショーA(PC) <一石栃立場跡> (スマホ)
7 メ  モ ・ 天気に恵まれ暑くも寒くもなく終日快適なウォーキング日和だった。やや標高の高い所を歩くので、平地では終わってしまった桜や花桃が丁度見頃で彼方此方で花を楽しみながら歩くことができた。
・ 馬籠や妻籠では、10年以上前には全く見掛けなかった外国人観光客の多さに驚かされた。馬籠〜妻籠〜南木曾の道は、外国人ハイカーを数組見掛けるなど国際色豊かなハイキングコースになっていた。
・ 全て歴史に道に指定された中山道でありその標識も充実している。中部北陸自然歩道の道標も所々に立っていた。トイレについては、適当な位置に設置され長野県側には小規模の施設が沢山ある。
・ 雄滝・雌滝への道は、歴史の道の中山道は東側の雄滝の上流部を横切って分岐点から滝へ降りて行く。分岐点やトイレ付近には馬籠方向は右へ進む表示があり戸惑いを感じた。滝付近を通っていた昔の中山道なのかもしれない。
・南木曽駅の観光案内所で中部北陸自然歩道についての資料の有無について尋ねたが無いということで中山道関係の資料を入手した。
ホーム 中部北陸自然歩道 中部北陸自然歩道