中部北陸自然歩道紀行
自然歩道区間 野尻湖〜平出(丹霞郷)及び白坂峠〜豊野駅
<平出〜古間は北国街道と重複>
 飯綱町、長野市豊野辺りのリンゴの開花情報が咲き始めから見頃ということだった。標高差があるコースなので両方見られる可能性を期待して出掛けた。
 駐車場がある黒姫駅をスタートして豊野駅へ向かうことにする。標高差が350mある長距離コース、豊野駅まで起伏はあるが下り基調になるので有り難い。
 今回もグーグルストリートビューを利用して道標を探してコースマップを作成したが、カバーされていなかったり工事中だったりなどで当日の勝負という区間もあった。
 又、殆どが車道歩きとなり野尻湖を除いて観光地がなく、中間のトイレ休憩地点として牟礼駅か食品スーパー利用することにした。
<歩行計画> P8:00<5.9km 2.5km/h>10:20野尻湖公民館<6.2km 3.2km/h>12:15古間国道分岐/昼食12:35<6.2km 3.2km/h>14:30飯綱町役場<6.4km 3km/h>16:40白坂峠<5.5km 3.5km/h>18:15豊野駅…黒姫駅<0.2km>P  30.4km =当日は予定時刻にスタート=
※参考(環境省) G3 北信濃浪漫街道をたずねるみち 「白坂峠 〜 伊豆毛神社 〜 小布施町 〜 臥竜公園 〜 川中島古戦場」 27.7km
            G2 北信五岳を望むりんごの里のみち 「飯綱町牟礼庁舎 〜 矢筒山 〜 丹霞郷 〜 山千寺 〜 善光寺」14.3km
            G1 一茶と野尻湖をめぐるみち 「新潟県境 〜 苗名滝上 〜 黒姫高原 〜 野尻湖公民館 〜 野尻湖 〜 飯綱町牟礼庁舎」25.9km
1 日  時 2017/5/7(日)
2 区  間 P〜一茶旧宅〜野尻湖〜飯綱町役場〜白坂峠〜豊野駅…黒姫駅〜P
3 歩行距離 P<1.7km>一茶旧宅<4.5km>野尻湖公民館<7.0km>古間国道分岐<6.2km>飯綱町役場<7.6km>白坂峠<5.5km>豊野駅…黒姫駅<0.2km>P 32.7km
4 所要時間 P8:00-9:00一茶旧宅-10:30(+10)野尻湖公民館-12:17諏訪ノ原・諏訪神社/昼食37-13:00(+25)古間国道分岐-15:05(+35)飯綱町役場-17:27白坂峠34(+54)-18:45(+30)豊野駅…19:17黒姫駅-19:25P 11時間25分
(内公共交通機関利用 32分)
5 交  通 車・しなの鉄道北しなの線
(往)瀬戸市3:23〜7:55P  (乗継)豊野18:56〜19:17黒姫  (復)P19:31〜23:51瀬戸市
6 駐 車 地 黒姫駅 町営駐車場(無料)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平29情複、第344号
この地図を更に複製する場合は国土地理院長の承認が必要である。
スライドショー@(PC) <一茶記念館> (スマホ) スライドショーA(PC) <白坂峠・丹霞郷> (スマホ)
7 メ  モ ・一茶の里を巡るには、コースからかなりの距離の寄り道になる。俳諧師として名を馳せた一茶だが、多くの句碑や旧跡などから苦難に満ちた生涯を偲ぶことができた。
・予想通り咲き始めから満開までのリンゴの花に出会った。作業中の農家の方々から品質の良いリンゴを育てる世話の仕方を伺うこともできた。
・矢筒山へ東側から登る道は良く整備された山道だったが、南西へ下る道が草に覆われて見付からず引き返して飯綱病院南側からコースに合流。
・落影集落南から小玉坂辺りの道標や旧跡の位置については、歩行速度や時間から推定し正確とは言い切れないものもある。
・道標については、野尻湖〜平出の区間は要所に立つが分かり難いものがある。白坂峠〜豊野の区間は、道標が無く迷いやすい分岐が複数あり地図頼りとなった。
・トイレについては、野尻湖の外に中間点の牟礼宿東の食品スーパーを利用したが矢筒山にも簡易なトイレを見掛けた。三本松のホームセンターも利用可能である。
ホーム 中部北陸自然歩道 中部北陸自然歩道