東海自然歩道紀行
 3月20日(日)に紫香楽宮跡駅まで歩いてきている。山越えを含む長距離になるがJR石山駅まで歩くことにした。
 冷涼なこの季節なら体力の消耗が少なく可能であると考えての計画である。無理な場合は、神慈秀明会前及びアルプス登山口バス停から直接JR石山駅へエスケープすることもできる。
 駐車地については、前回確認した紫香楽宮跡駅駐車場を利用することにした。
1 日   時 2011/3/26(土)
2 区   間 P〜三筋の滝〜石山寺〜石山駅…紫香楽宮跡駅・P
3 歩行距離 P<1.0km>紫香楽宮跡<9.1km>三筋の滝<4.8km>太神山休憩所<0.4km>不動寺<8.5km>洗堰<2.8km>石山寺<0.8km>離脱点<1.8km>石山駅…紫香楽宮跡駅・P 29.2km
4 所要時間 P7:30-7:52紫香楽宮跡-10:25三筋の滝-11:50休憩所/昼食12:10-12:30不動寺40-15:00洗堰-15:42石山寺-15:53離脱点-16:10石山駅…18:15紫香楽宮跡駅・P 10時間45分
(内公共交通機関利用 2時間5分)
5 交   通 車・JR・信楽高原鉄道
(往)瀬戸市5:30〜7:20紫香楽宮跡駅P (乗継)JR石山駅〜貴生川〜18:12紫香楽宮跡駅 (復)P18:15〜20:30瀬戸市
6 駐 車 地 紫香楽宮跡駅駐車場
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <三筋の滝> (スマホ)
7 メ   モ ・空気が冷たく前半は雪がちらつき、後半は晴れるという天気だった。旧跡や古刹、滝などの外に、思いがけない雪景色や湖南アルプスの景観を楽しむことができた。
・長距離のために殆ど休憩無しの急ぎ足、腰を下ろしたのは昼食時とJR石山駅だけだった。疲労も限界で石山駅到着時はようやく着いたという思いだった。
・道標は宮跡入口付近で見付けられなかった外は整っていた。但し、柱状のものが多く細心の注意が必要である。南郷公園〜石山寺間は、道標を見失って国道を歩いたので不明である。正規コースは南郷公園から滋賀大東を通って山の辺コース分岐点へ向かうと思われる。
・トイレについては、紫香楽宮跡・三筋の滝などの路傍休憩所の外、不動寺から石山寺にかけては公園も含めて数か所設置されている。
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース