東海自然歩道紀行
恵那コース(7)  日本大正村<串原〜明智>
 3日前に水無口から湯の山温泉まで歩いたのに続いて四日市市水沢町のもみじ谷までを歩くことにした。
 御在所岳を前方に眺めながらの高原ハイキングを期待して、もみじ谷を出発して湯の山温泉へ到着後同じ道を戻る計画を立てた。
 もみじ谷は紅葉シーズンに臨時駐車場が設けられるのみで付近に広い駐車スペースが無い。冬枯れの季節で訪れる人々は少ないので谷内の市道脇空き地に駐車した。
1 日   時 2011/2/27(日)
2 区   間 もみじ谷P〜雲母高原・湯森谷林道〜湯の山温泉〜P
3 歩行距離 P<5.5km>雲母高原休憩所<4.2km>湯の山温泉バス停<0.8km>大石公園<0.8km>蒼滝<0.8km>湯の山温泉バス停<9.7km>P 21.8km
4 所要時間 P7:35-9:06雲母高原12-10:54湯の山温泉バス停-11:10大石公園-11:32蒼滝/昼食57-12:15湯の山温泉バス停-15:15P 7時間40分
(内公共交通機関利用 0分
5 交   通
(往)瀬戸市5:00〜7:25 (復)P15:25〜18:30瀬戸市
6 駐 車 地 もみじ谷内の市道脇空き地
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <湯森谷林道/鎌ヶ岳> (スマホ)
7 メ   モ ・天気にも恵まれて、下界の景色や御在所岳・鎌ヶ岳などを眺めながら雲母峰中腹の林道を歩く快適なハイキングができた。
・通行止めの区間を自己責任で通過したことになるが、道標や遊歩道(湯森谷林道終点付近を除く)について不安を感じることは無かった。
・トイレは、もみじ谷・雲母高原・大石公園に公衆トイレが設置されている。
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース