東海自然歩道紀行
恵那コース(7)  日本大正村<串原〜明智>
 2004年夏に自宅近くの東海自然歩道を歩き始めて以来、愛知・岐阜県内の本コース(通交止め区間を含む1コースを除く)を歩き終えてようやく三重県に入った。
 2009年まではウォーキング大会参加の方が多く、催しの少ない冬季に愛知・岐阜県内のコースを歩くというパターンだった。
 2010年に急速に東海自然歩道へのシフトが進み、夏季を除いて毎週のようにどこかのコースへ出掛ける程になった。そして、岐阜県内の踏破が進むにつれて、大阪府箕面公園の起点へ到達しようという目標を意識するようになった。
 荒れたコースや道標不備なども経験し、東海自然歩道歩きの勘のようなものが身に付いてきて、詳しい地図があれば何とかなるという自信?も後押しした。
 前日に松尾山(関ヶ原)コースを12km歩いていたが、三重県内のコース状況を知りたいという思いから美濃津屋〜東林寺間を往復する計画を立てた。
1 日   時 2010/12/5(日)
2 区   間 P〜合流点〜川原越〜東林寺(手前)〜P
3 歩行距離 P<1.1km>コース合流点<2.0km>川原越<1.8km>東屋<2.8km>東林寺(手前)<7.7km>P 15.4km
4 所要時間 P8:00-8:20コース合流点-9:40川原越9:45-10:27東屋-11:25東林寺(手前)/昼食45-13:30川原越-14:36合流点-15:00P 7時間0分
(内公共交通機関利用 0分
5 交   通
(往)瀬戸市6:00〜7:45P (復)P15:10〜17:15瀬戸市
6 駐 車 地 志津北谷公園 駐車場(トイレ有り)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <川原越> (スマホ)
7 メ   モ ・2日連続の歩行による疲れに加えて、下調べが十分でない計画だったために目的地を目前にして引き返すことになった。
・川原越の岐阜県側の登山道は、急峻なために崩壊により路面が荒れている所もある。大雨などで状況が変わり易く注意を要する。
・道標は要所に立てられていて迷うことは無かった。トイレについては、東林寺手前で折り返したので志津北谷公園のみである。
・7年後の2018/3/14に美濃津屋から東屋まで往復。峠のかなり手前で息が上がりペースダウン、体力の低下を実感させられた。(スライドショーには、この時の写真も追加掲載)
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース