東海自然歩道紀行
恵那コース(7)  日本大正村<串原〜明智>
 藤の森休憩所でコースに合流して古戦場巡りをしながら関ヶ原駅まで歩く計画である。しかし、合流地点まで垂井駅付近の駐車地から4km歩かねばならず通算距離が25km程になってしまった。
 一帯は有名な観光地であることから、過去に何度も訪れて名所や旧跡、資料館などは殆ど見学済みである。今回は東海自然歩道のコースとして歩くことになるが、長距離になるため入場見学をパスして歩行時間を確保することにした。
 
1 日   時 2010/6/12(土)
2 区   間 P〜藤の森休憩所〜エコミュージアム関ヶ原〜関ヶ原駅…垂井駅〜P
3 歩行距離 P<3.8km>藤の森休憩所<3.9km>竹中半兵衛陣屋跡<0.9km>菩提休憩所<4.6km>丸山烽火場跡<1.6km>石田三成陣地<2.3km>エコミュージアム関ヶ原<4.8km>不破の関守跡<2.7km>関ヶ原駅…垂井駅<0.4km>P 25.0km
4 所要時間 P8:40-藤の森休憩所35-10:25竹中半兵衛陣屋跡-10:40菩提休憩所/昼食11:05-12:40丸山烽火場跡-13:15石田三成陣地-13:55エコミュージアム関ヶ原-15:30不破の関守跡-16:15関ヶ原駅…16:30垂井駅〜16:40P 8時間00分
(内公共交通機関利用 15分
5 交   通 車・JR
(往)瀬戸市6:10〜8:35P  (乗継)関ヶ原駅〜16:30垂井駅  (復)P16:45〜19:05瀬戸市
6 駐 車 地 垂井町営北駐車場(300円/日)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <不破の関守跡> (スマホ)
7 メ   モ ・6月中旬で多少気温は上がるとは思っていたが真夏日の天気になってしまった。暑さに慣れていない状態で、2L以上の水を飲みながら炎天下のアスファルト道を辿る辛い歩行となった。
・古来交通の要衝だった関ヶ原は、日本の歴史を変えるスペクタクルが繰り返された地であることを改めて実感した。
・道標については2か所(藤の森休憩所南とエコミュージアム関ヶ原南)を除いて要所に立てられている。但し、分岐点から離れた位置や小さくて見落とし易い形状のもある。
・トイレについては、複数の公衆トイレの外に資料館など利用できる施設が幾つかある。
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース