東海自然歩道紀行
恵那コース(7)  日本大正村<串原〜明智>
 東海自然歩道の存在を知ってまだ4か月。詳しい地図も無いまま自宅付近のコース(雲興寺〜内津峠)を5回に区切って小刻みに30km程歩いた経験があるだけである。
 時折参加していたハイキング大会の催事計画に今回のコースが計画されていたことから、県外の東海自然歩道を歩いてみた。
 東海自然歩道としては初めてまとまった距離を歩き、整備されたコースと景観の素晴らしさからその魅力に取り付かれるきっかけとなった。
 手帳の記録の外に、初期の歩行にしては珍しく10枚の写真が残っていた。10年以上も前のことで記憶も薄れているが、手帳と写真の記録及びコース地図を頼りに歩行の様子を再現してみた。
 
1 日   時 2004/11/21(日)
2 区   間 P〜美濃津屋駅〜養老公園〜養老駅…美濃津屋駅〜P
3 歩行距離 P<1.1km>美濃津屋駅<1.6km>コース合流点<1.6km>東屋<3.2km>公衆トイレ<1.9km>養老公園<0.9km>妙見橋<0.5km>養老の滝<2.2km>養老駅…美濃津屋駅<1.1km>P 14.1km
4 所要時間 P7:55-8:20美濃津屋駅-8:48コース合流点-10:20公衆トイレ-10:48養老公園-11:14養老の滝/昼食-12:15養老駅…12:45美濃津屋駅-13:10P 5時間15分
(内公共交通機関利用 30分
5 交   通 車・近鉄養老線(現在は養老鉄道)
(往)瀬戸市6:00〜7:55P  (乗継)養老駅〜12:45美濃津屋駅 (復)P13:15〜15:30瀬戸市
6 駐 車 地 志津北谷公園 駐車場(トイレ有り)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <養老の滝> (スマホ)
7 メ   モ ・紅葉期の美しい景観に加えてしっかりした道標や立派な公衆トイレ等の整備の良さが印象に残り、東海自然歩道を歩いてみようという気持ちが強くなった。全行程踏破の原点とも言えるコースである
・東海自然歩道踏破へのターニングポイントになったが、翌・翌々年は自身の癌の手術や合併症治療等の思わぬ事態が生じて、実際に東海自然歩道にウェートが移っていくのは2007年以降のことである。
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース