東海自然歩道紀行
恵那コース(7)  日本大正村<串原〜明智>
 2010年11・12月に歩いているコースであるが、写真やコース状況の記録が少なく記憶も曖昧になっていることから再度歩き直すことにした。
 3回に分けて歩いた区間で、今回は長距離になるが1回で歩き通して養老鉄道とJRを乗り継いで駐車地に戻ることにした。
 ヤマビルの生息地を通るので11月(2010年には被害有り)に入るのを待って歩いた。
 日が短い季節なので順調に進んでも日没頃に養老公園に到着できるというやや厳しい計画になった。
1 日   時 2015/11/7(土)
2 区   間 関ヶ原駅前・P〜松尾山〜桜井白鳥神社〜養老公園〜養老駅…P
3 歩行距離 P<1.5km>不破の関<2.7km>松尾山<4.0km>大垣市平井<5.0km>山村バス停<3.6km>桜井白鳥神社<1.1+(0.3)km>上方白鳥神社<5.8+(0.3)km>養老神社<1.8km>養老駅…P  26.1km
4 所要時間 P7:28-53不破の関58-9:20松尾山32-10:46大垣市平井-12:13山村バス停-12:32大垣・養老境/昼食55-14:20桜井白鳥神社25-50上方白鳥神社58-17:41養老神社-18:08養老駅…19:24P  11時間56分
(内公共交通機関利用  1時間16分
5 交   通 車・養老鉄道・JR
(往)瀬戸市5:20〜7:15P  (乗継)養老駅18:12〜18:35JR大垣19:05〜19:19関ヶ原  (復)P19:28〜21:27瀬戸市
6 駐 車 地 関ヶ原駅南コインパーキング(300円/日、10台位)
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <藤古川堤防> (スマホ)
7 メ   モ ・4回のトラブル(ストック忘れ、上方白鳥神社付近・竜泉寺跡付近・養老公園手前の広い渡渉箇所でのコースロスト)で45分程費やした。更に悪路や10か所位の獣害防護柵の通過で時間を要し、養老公園手前から闇の中をライトを頼りに進むことになった。
・上方地区の住宅地から竜泉寺跡まではガレた道で踏み跡が薄く、道標があるにもかかわず誤った方向へ入り込みGPSロガーで現在地を確認しながら戻った。
・養老公園手前の広い河原の渡渉箇所は、工事中のために重機で河床が荒らされていて踏み跡が分からなかった。更に夕闇も迫っていて右岸の登り口が発見できず、堰堤横から崖を這い上がってGPSロガーを頼りに山中を進んでコースに合流した。
・道標は新しい柱状道標も設置されていて不備と思われる所は無かった(上記の広い河原の渡渉箇所右岸については未確認)。養老山麓の遊歩道は全体に荒れていて、解説板も古くて判読困難なものが目に付いた。
・トイレは、関ヶ原の井上神社南・松尾山山頂・桜井白鳥神社・上方白鳥神社・神明神社で利用できる。
<過去の記録>  2010/11/7(日) 上方9:00-11:55養老公園・滝/昼食15-15:05上方(往復)<15km> 竜泉寺付近の道が荒れていて復路でコースロスト、脛にヤマビルの吸血痕2か所有り
 2010/11/28(日) 上方8:56-11:55平井/昼食12:10-14:30上方(往復)<16km> 紅葉はやや遅く変化に乏しいコース、猿の一団に遭遇
 2010/12/4(土) 平井8:15-松尾山-11:45不破の関/昼食12:05-(国道)-牧田一色-13:30平井(周回)<12km> 小雨模様の天気、観光客も殆ど見掛けなかった
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース