東海自然歩道紀行
 秋葉山の紅葉の時期に合わせて、5月以来中断していた柴のヒラシロ遺跡から秋葉神社までのコースを歩くことにした。
 公共交通機関の便が悪い地域ゆえ、柴から秋葉神社下社の区間を3回に分けて駐車地から往復する。
 今回は、斜面に広がる茶畑や天竜美林と呼ばれる杉や桧の人工林内の車道歩きが中心である。
1 日   時 2010/11/13(土)
2 区   間 柴・ヒラシロ遺跡P〜竜山橋<秋葉ダム>・離脱点〜P
3 歩行距離 P<3.7km>石打<2.9km>市ノ瀬<3.0km>竜山橋・離脱点(往復) 19.2km
4 所要時間 P8:45-9:45石打-10:30市ノ瀬-11:15竜山橋・離脱点/昼食11:35-12:35市ノ瀬-13:40石打-15:40P 6時間55分
(内公共交通機関利用 0分)
5 交   通
(往)瀬戸市6:00〜8:40柴・ヒラシロ遺跡P  (復)P15:50〜17:40瀬戸市
6 駐 車 地 柴・ヒラシロ遺跡公園駐車場
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第980号
スライドショー(PC) <秋葉ダム> (スマホ)
7 メ   モ ・少し標高差はあるが、緩やかな道が殆どで茶畑の景観や手入れされた人工林、白倉川の渓谷を眺めながら快適な歩きができた。
・道標や案内板を始め、休憩所、公衆トイレも良く整備されている。但し、コース上の案内板の<柴←石打>の参考タイムに疑問を感じた。
ホーム 本コース東京方面 本コース大阪方面 恵那コース 山の辺コース